POSシステムでタイムカードの必要がない勤怠管理をしよう

店舗管理を低コストで実現

タブレット

汎用端末がレジに早変わり

posといえば、物販店や飲食店等において、会計業務をスピードアップするとともに売上管理を効率化できるシステムとしておなじみです。商品の売上が発生した際、会計処理を行うと同時に売上データを機械に収録することで、集計作業を自動化できます。このシステムを導入するには、通常はposレジと呼ばれる高度な情報処理機能を持ったレジスターが必要です。高機能なだけあって価格は一般のレジより高く、本格的なものになると1台100万円を超える場合もあります。そんな中、極めて低コストでposシステムを導入できるとして注目を集めているのが、タブレットPCをposレジ代わりにするという手法です。タブレットPCは高くても6〜7万円、中古の外国製品なら1万円程度で買えます。これにpos機能を備えたアプリケーションをダウンロードすれば、月々数千円程度の利用料でシステムを構築することができます。このタブレットposシステムは、個人商店など比較的小規模な店でよく選ばれています。その理由は、何と言っても設備投資にコストがかからないことです。機能自体は専用機に比べると簡易ですが、小さなお店には十分なレベルです。日計・月計といった計算機能はもとより、特定の商品だけの売上状況を見るといったデータ抽出も容易です。顧客データなども収録することが可能です。また、タブレットPCは持ち運びに便利であることから、出張移動販売業者などにも選ばれています。